アパートの利用検討について

アパートの利用検討について

アパートというのは集合住宅

アパートというのは、集合住宅の一つです。英語のアパートメント(」を元にした和製英語なので、日本だけで通じるものです。英語のように聞こえますが、実は日本独自のものです。ちなみに、かつては分譲住宅に対しても使われてたことがありますが、現在では殆どの場合において、賃貸物件で、しかも小さめのものを指します。同じような集合住宅、共同住宅のうち、比較的大規模、豪華なタイプはマンションと称されることが多いのですが、これにも別には法律的な明確な定義の差があるわけではないのです。ですから、アパートといえば、アパートになります。但し、家賃的な違いがあることは多いです。アパートのほうが安いことが多いです。だからこそ、あえてアパートを選ぶ人はいます。それは良いことではあります。但し、セキュリティ性はマンションのほうが高いです。

それでも安いというのは有難いことですし、最近ではアパートでも鉄筋コンクリート製のものが増えていますから、耐震的にはマンションもアパートも大差なくなっています。ですから、防災的には違いはそこまでないですから、好きなところに住んでしまってよいです。むしろ、安いですから、アパートのほうが良い、と言う人が多いです。