アパートの利用検討について

アパートの利用検討について

アパートとは死融合住宅です

アパートというのは、集合住宅です。つまりは、住まいの一つなのです。階数的には木造、軽量鉄骨造の構造上の制限により二階建てなどの低層住宅が多いですが、これは別に法律的に決まっていることではないのです。あくまで不動産業界の業界区分です。ちなみにマンションには低層住宅、中高層住宅、高層住宅、もしくは超高層住宅があります。一般的な概念としては中高層住宅、高層住宅の建物をマンションと呼ぶ場合が多いですが、こちらもそこまで明確なことではないですが、鉄筋コンクリートで大きな建物はマンションと呼ぶのが慣習的になっています。

建物規模、敷地規模、そして戸数の観点から一般的な概念によるマンションには、様々な設備がありますが、アパートは二階建ての小規模、低層が多く、建築設備的としては、エレベータが設置されたアパートは稀であり、そこまでの設備がないことが多いです。建築基準法上はマンションと同じ共同住宅に区分されます。ちなみに、少し高いところ、高級なアパートはコーポラス、略してコーポと称し差別化することもありましたが、近年では使い分けが曖昧になっていますから、あまり気にすることはないです。とにかく、実際に見て、借りるかどうかを決めることです。