アパートの利用検討について

アパートの利用検討について

マンションではなくアパートに住む利点

マンションではなくアパートを選ぶ利点はどこにあるでしょうか。マンションとアパートには、特に明確な違いが規定されているわけではありません。しかしマンションの特徴としては、高階層の建物で鉄筋コンクリート造りであり、アパートの特徴としては低階層の建物で木造建築であるということです。このことから言っても、マンションの方が住宅としてのレベルは高いように思えます。鉄筋コンクリートということは、耐火性であっても、耐震性であっても、また防音性であっても、木造づくりの建物の能力を凌駕するでしょう。したがって、住宅の環境については、アパートの利点はそれほど大きくはありません。

アパートの利点としては、その賃料がマンションに比べてぐっと安いということが言えるでしょう。前述のとおり、環境面でマンションに劣りますから、賃料もそれに比例して安く設定されています。しかしだからと言って、アパートの環境が劣悪だというのではありません。最近では、特に築年数の深い物件などは、内装がリフォームしてあったりなどします。アパートであっても、それだけ環境面を整えてきているのです。しかも賃料はそのままということが多く、安い家賃で良い環境の部屋に住むことができるというのが、最近のアパートの特徴なのです。