アパートの利用検討について

アパートの利用検討について

アパートを借りる際の敷金とはいったい何か

賃貸でアパートを借りる際に大きな出費となるのが敷金です。大体家賃の2ヶ月〜3ヶ月分をまとめて支払うことになります。これを考えてなかったばかりに引越し自体を断念という悲劇に出くわした人も知っています。ではこの敷金、一体何のためのお金なのでしょうか。敷金は借りた部屋を退去する際に元の状態にする、つまり汚れやキズなどを修繕するための担保金なのです。そして多くの場合において戻ってこないのが常です。ですが、家賃の2ヶ月〜3ヶ月分といったら相当な大金です。これが戻ってこないという事実を何の疑問も抱くことなく受け入れてしまってよいのでしょうか。実はポイントをしっかり押さえれば戻ってくる可能性があるのです。それはとてつもない歓喜といえるでしょう。ではどのようなポイントがあるのでしょうか。

まず大切なことは事前のチェックです。つまり部屋を借りる前の段階でしっかりと担当の営業マンの人に既にある汚れやキズなどを確認して共有しておくことです。必要に応じて自分で写真を撮っておくことも大切です。なぜなら確認せずに後からあの汚れやキズは元来あったものである、と断固たる主張をしたところで入る際に確認をせずに契約をしているのでまるで意味がないのです。断固たる主張のカロリーのムダとなってしまいます。なのでまずは事前のチェックを入念に行いましょう。そして普段から部屋を大切にキレイに使いましょう。すると常にクリーンな環境で過ごすこともでき、敷金が戻ってくる可能性も得ることができ一石二鳥です。これらのことをアパートを借りる際には気をつけましょう。